プログラマこそ副業を

プログラマの副業は本業に悪影響がないように注意

基準は本業に悪影響を及ぼすかどうか

基準は本業に悪影響を及ぼすかどうか 副業をしているプログラマは多く、かつては副業を禁止する企業がほとんどでしたが、最近では容認する企業も増えてきています。しかし、副業はあくまでも副業なので、本業に悪影響を及ぼさないようにすることが大前提になります。

本業が最優先であることを忘れない

プログラマにとっての副業は、プラスアルファの収入が得やすいので魅力的かもしれませんが、所属している企業の就業規則に副業禁止とある場合にはそのルールに従う必要があります。また、副業がどれだけ順調だったとしても、本業が疎かにならないよう注意しましょう。仮に副業の手取り額が本業を上回ったとしても、社会保険や有給休暇、その他の手当など、雇用されていることによって受けられる恩恵があることを忘れないようにすることはとても重要です。あまり副業に力を入れすぎてしまうと、睡眠不足や疲労、ストレスを余分に抱えることになってしまって、本業の方に悪影響が及んでしまいます。そのせいで本業を失うことにでもなってしまうと本末転倒になってしまうので、優先順位をしっかりとわきまえた上で自己管理を行う必要があります。

考えられるリスク

副業をすること自体は、本業とのバランスさえしっかりと保てていれば問題はありませんが、そのことを同僚などに話すかどうかは慎重に考えなければなりません。人によっては、副業をしていると聞いただけでかなりの金額を稼いでいると想像してしまい、不本意な噂が立ってしまうケースも考えられます。また、仕事のミスなどが起きた時にも周囲に副業のせいと思われてしまうなど、弊害が全くないわけではありません。そのため、副業を始める際には少なめの仕事量からにして、オーバーワークにならないようにコントロールしましょう。また、副業の選び方にも十分な注意が必要で、中には副業と称した詐欺のようなものもあるので、うますぎる話には用心することが重要です。
副業で本業以上のお金を稼ごうと思ったら、それなりの労力がかかってしまいます。あまり多くを望んでしまうと、両方とも駄目にしてしまうことになりかねないので、本業を続けていくつもりなら副業はほどほどがおすすめです。

本業の規則に従うことが大切

副業を禁止している企業の社員が副業をしていることが判明すると、場合によっては解雇にまで至る可能性があります。このことに関して厳しい企業もあれば、本業に悪影響がなければそれほど問題視しない企業もあります。そのため、自分が所属する企業がどのようなスタンスなのかについてよく理解してから副業に着手するようにしましょう。また、副業で得た所得はきちんと確定申告をすることも忘れないようにしましょう。

副業を始めよう!

  • 狙い目はスマホアプリ
    狙い目はスマホアプリ

    プログラマの副業として参入しやすいのが、スマホアプリの開発です。専用ツールも無料なので費用をかけずにチャレンジすることができるという点で多くのプログラマに人気があります。参入しやすいということはそれだけ競争率も高くなるので、ヒットするアプリを開発するのは決して簡単ではありませんが、週末起業という形であれば収入をしっかりと確保しながら挑戦することができるので、安心して自分の力を試すことができるでしょう。

  • 正社員かつフリーランス
    正社員かつフリーランス

    フリーランスのプログラマとしての仕事に興味はあっても、正社員としての仕事を辞めてまでやることには抵抗があるという人であれば、副業としてフリーランスの仕事をしてみてはいかがでしょうか。本業と副業の両立を自分でコントロールするのはかなり大変なことですが、フリーランス専門のエージェントをうまく活用すれば様々なことを代行してもらうことができるので手間を大幅に省くことが可能になり、両立がしやすくなります。

  • ネット上で完結するクラウドソーシング
    ネット上で完結するクラウドソーシング

    今からでもすぐに副業を始められる方法としておすすめなのが、クラウドソーシングの利用です。クラウドソーシングでは全てのことがネット上で完結できるので、本業を持ちながら仕事をコントロールしやすいのが魅力で、会員登録をすれば即始められる手軽さも副業向きです。プログラマ向けの案件もたくさんあるので、得意なプログラミング言語だけでなく、これから覚えたいと思っているプログラミング言語の仕事にもチャレンジすることができます。