プログラマこそ副業を

プログラマの副業は会社側にもメリット大!

会社側としてもメリットが大きい

会社側としてもメリットが大きい 最近では、本業の他に副業を持つプログラマが多くなっています。日本では、多くの企業において社員の副業は不可とされていますが、近年その傾向が少しずつ変化をし始めていて、社員が副業を持つことを認める企業が増え始めています。かつては比較的小規模なベンチャー企業などに多かったのが、大企業と呼ばれるところでも副業を認めるようになったことによって、会社員として働いている人々の副業に対するイメージも変化し、関心を持つ人が増えてきています。

企業が副業を容認するのには理由がある

所属する企業への忠誠心は、これまでの日本人にとっては当たり前の価値観で、会社員が副業をすることに対してはネガティブなイメージの方が目立っていたかもしれません。その背景には、社員が副業に力を注いでしまうと本業が疎かになってしまい、企業の業績の悪化につながってしまう恐れがあるので、社員には一切の副業を禁止して仕事に専念させるという考え方がありました。しかし、時代の流れとともに人材育成に対する企業の価値観も変化してきて、副業をすることによって社員がスキルアップし、企業にとってはむしろ利益となると認識されるようになり、より効率良く人材を育成するためにも副業を許可するという流れが生まれ始めたのです。
現代のビジネスの世界は変化のスピードが早いので、激しさを増す競争の中を生き残るためには、古いやり方ばかりに固執せず新しいことをどんどん取り入れる柔軟さが必要です。副業を認めることのデメリットよりもメリットの方が大きいということが理解されれば、今後さらにそのような企業が増えていくことになるでしょう。

副業をすることで得られるもの

副業をする人の目的のほとんどは本業以外の収入かもしれませんが、得られるのはお金だけではありません。副業をすることによってスキルアップできるのはもちろん、ビジネスセンスや自己管理能力、仕事に対する考え方や姿勢など、様々な部分に影響をもたらすことになります。本業も副業も仕事であることに変わりはなく、背負う責任の重さは同じですが、仕事というものを違う視点から見ることができるので、本業への取り組み方も変わってくるかもしれません。また、多くの人は仕事のスキルアップやキャリアアップのためにお金を払って勉強をしますが、副業は勉強しながらお金を稼ぐことができるので、効率的で生産性の高い方法と言えるでしょう。企業側は、積極的に副業を促進するということまではしないかもしれませんが、認めているということはその価値も理解していると受け止めることができるので、本業のための自己鍛錬として副業に挑戦してみると、自分自身の新たな可能性を見出すきっかけになるかもしれません。

副業を始めよう!

  • 狙い目はスマホアプリ
    狙い目はスマホアプリ

    プログラマの副業として参入しやすいのが、スマホアプリの開発です。専用ツールも無料なので費用をかけずにチャレンジすることができるという点で多くのプログラマに人気があります。参入しやすいということはそれだけ競争率も高くなるので、ヒットするアプリを開発するのは決して簡単ではありませんが、週末起業という形であれば収入をしっかりと確保しながら挑戦することができるので、安心して自分の力を試すことができるでしょう。

  • 正社員かつフリーランス
    正社員かつフリーランス

    フリーランスのプログラマとしての仕事に興味はあっても、正社員としての仕事を辞めてまでやることには抵抗があるという人であれば、副業としてフリーランスの仕事をしてみてはいかがでしょうか。本業と副業の両立を自分でコントロールするのはかなり大変なことですが、フリーランス専門のエージェントをうまく活用すれば様々なことを代行してもらうことができるので手間を大幅に省くことが可能になり、両立がしやすくなります。

  • ネット上で完結するクラウドソーシング
    ネット上で完結するクラウドソーシング

    今からでもすぐに副業を始められる方法としておすすめなのが、クラウドソーシングの利用です。クラウドソーシングでは全てのことがネット上で完結できるので、本業を持ちながら仕事をコントロールしやすいのが魅力で、会員登録をすれば即始められる手軽さも副業向きです。プログラマ向けの案件もたくさんあるので、得意なプログラミング言語だけでなく、これから覚えたいと思っているプログラミング言語の仕事にもチャレンジすることができます。